顔の大きさを決める4つの要素

じつは、顔の大きさを決めるのは、「生まれつきの頭の大きさ」だけではありません。あなたの顔を作っているのは、筋肉、骨、脂肪、むくみなど、様々な要素が組み合わさってできているからです。骨のゆがみ、脂肪や老廃物などのむくみを一つ一つ解決していくことで、あなたの顔を、いまよりも一回り小さくする事ができます。骨の歪みが顔を大きくしている場合、どれだけむくみを改善するマッサージをしていても、あまり効果を発揮する事ができません。

あなたの努力を結果につなげるためにも、マッサージの効果をより高くするために知っておいてほしい、「顔の大きさを決める4つの要素」をご紹介します。 

要素1:骨

頭の骨はパズルのように、複数の骨が組み合わさってできていると知っていましたか?なので、うまく組み合わさっていないと、体と同じように、頭の骨もゆがむんです。また1つ1つの骨のつなぎ目は隙間があるので、隙間が広がると、その分、頭や顔の骨も広がって大きくなります。

要素2:筋肉

骨の上には筋肉があります。マッチョな人は筋肉がボコっと盛り上がっていますよね。顔も体と同じように、筋肉の発達の仕方で、見た目が変わるんです。普段から表情豊かな人なら、顔の筋肉も発達して、立体感が出てきます。逆に筋肉の盛り上がりが目立ち、その立体感が逆に気になってしまう場合もあります。それ以外にも、コリ(緊張)が顔の大きさや印象に関係してきます。顔のゆがみが気になる人がいます。それは片寄った筋肉の使い方によって、左右の顔の形に差が出てしまうのです。

要素3:脂肪

筋肉の上には脂肪があります。この脂肪が顔を大きく見せてしまう場合があります。顔に脂肪がつきやすくて悩んでいる人もいますよね。いくら骨や筋肉を矯正しても、厚い脂肪が上からおおっていれば、小顔にはなれません。マッサージによって、とれづらくなった脂肪を燃焼しやすくします。またマッサージ以外の方法を組み合わせると、効果的です。

要素4:むくみ

さらに、顔がむくんでしまうことで、顔が大きく見えてしまうことがあります。筋肉や細胞にたまった老廃物が流れづらくなっているので、膨張して見えてしまうのです。むくみのせいで顔が大きく見えている場合は、とても変化を出しやすいです。マッサージで老廃物の除去を促進していきます。

なぜ今までの小顔マッサージでは効果がなかったのか?

これまでの方法では、骨、筋肉、脂肪、むくみ、すべての部分に焦点をあてて、アプローチができませんでした。顔の大きさを決める要素はひとつではないので、骨のゆがみや膨張によって顔が大きく見える人は、リンパマッサージで一生懸命むくみをとっても、ダイエットして顔の脂肪をとっても、あまり効果が表れませんでした。逆にいくら骨格が小さな人でも、顔に脂肪がついて、むくんでしまっていたら、小顔には見えません。

また顔の筋肉のつき方で、一部分だけが盛り上がってみえて、気になってしまう人もいるでしょう。小顔マッサージにはそれぞれのタイプに合わせた方法があり、効果も全て違います。

じゃあ、自分のタイプを知って、実践するマッサージを変えた方がいいのでしょうか?いいえ、顔の大きさがすべての要素のかけ合わせで決っていることを考えると、自分がどのタイプの場合であっても、すべての要素にアプローチをすることが大事なのです。

顔を理想の形にデザインする小顔マッサージ方法

それではさっそくマッサージをしていきましょう。むくみやすい朝や、血流がよくなっているお風呂上りがおすすめです。「骨」「筋肉」「むくみ」「脂肪」の4つのステップにして紹介します。1日5分を目安にして、それぞれ組み合わせて実践していきましょう。


コンプレックス解消!【骨格が3ミリ小さくなる小顔メソッド】 はこちらで解説しています。


http://jump.cx/B7hCX


女だけど顔がデカい、小顔になりたい ! という方におすすめです。